読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Wallpaper Engine 試した

Wallpaper Engine という動く壁紙が良さそうだったので、しばらく左側のディスプレイに表示してみることにした。

一見すると近未来的なようにも錯覚してしまうけれど、スクリーンセーバーなどは寧ろ一昔前に流行った文化で、どちらかと言うとレトロな印象を受ける。画面の中の画面が発する薄暗い光をぼうっと眺めていると、Samurizeをはじめとしたデスクトップ改造スレに入り浸っていた頃の懐かしい思い出に引き摺り込まれそうになる。