読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最強のTwitterクライアント戦争進捗

二週間ほど前からなぜか急にElectronを触りはじめたんですが、題材につくっているretro-twitter-clientというTwitterクライアントの v0.0.12 を出しました。別に各バージョンごとにブログで報告しているとかそういうことはなくて、急にv0.0.12を報告しています。ありがとうございます。折角なので最近の変更点を紹介します。

キーボードショートカット

タブを移動するためのキーボードショートカットを追加しました。Macの場合は ⌘+] で次、⌘+[ で前のタブに移動できます。よく使う検索語句を登録しておくカスタムタブ機能など、今後もタブを便利にしていく可能性があるので、いまのうちに便利機能を付けておこうという気持ちです。他に、検索ボックスにフォーカスするとか、DevToolsを開いて内部実装を調べるとか、いろいろ便利なものを適当に付けています。メニューに項目も追加されてお得。Windows用の対応をサボって雑に実装しているので多分そのうち怒られる気がする。Electronこういうのサッと付けられてよいですね。

Favorite

リクエストを送るとかの内部実装はすぐ出来るものの、Favoriteを付けるとその状態を管理しつつUIの対応をしないといけないというのがめちゃくちゃ面倒で実装していなかったやつを、ようやく重い腰を上げて実装しました。Replyできそうなボタンがありますが動きません。あとRetweetも試すのが面倒なので実装してません。この辺本当にだるくて、アプリ内部の状態としてtweetのデータをどういうデータ構造で保持するかというところでだるさが決まってくると思います。

画像展開

Tweetに画像が含まれていると勝手に展開されます。最大幅などを設定していないので常に迫力がある。これ結構体験で、暇なときにディスプレイに出してボーッと見てると、Twitterへの認識が「会話もできるTumblr」ぐらいの位置付けになったかなと思うときがある。

検索

image

検索が動くようになりました。Stream APIと繋がっているので更新もされます。エゴサーチなどに便利。

デスクトップ通知

自分に対してFavoriteとRetweetが付いたときにデスクトップ通知されるようになりました。アイコンが表示されてよい。

二段階認証

image

なんとPull Requestをいただいて二段階認証に対応できました。ありがとうございます!!!

おしまい

以上です。雑に手探りで開発を続けているので、コードが常に破綻しそうで緊張感がある。気負うと確実に失敗するので、またそのうち暇なときに自分が使うのに足りないと思ったところを開発していこうかなと思います。r7kamura/retro-twitter-client から今すぐダウンロードできるので良ければ。あと、前に日本のElectron利用者向けに https://electron-jp-slackin.herokuapp.com/ というSlackのチャンネルを作ったのでこちらも良ければ。最強のTwitterクライアント戦争会場として #twitter-client という部屋があります。