貴婦人ゴディヴァ

> 貴婦人ゴディヴァ - Wrapped in Plastic

一昨年、何かのお返しを買いに行ったときだったか、京都の松ヶ崎のゴディバに行ったときのことを思い出した。店員のお婆ちゃんが「実は明日で店を閉めるんだけど、せっかくなので最後に」とお茶を入れて店の話とかゴディバ氏の話とかをしてくれて良かった。街の人はみんな窓を締め切って泣いていたけど、唯一のぞき見していたトムは目を焼かれてしまった、という話だった気がする。裸で駆け抜けさせられた人自体は別にどうでも良さそう。この前四条で寺町通り歩いてたら何かの罰ゲームで裸で走り抜けていった人いたけど普通に見てしまった。

広告を非表示にする