棚からゆのっち

どうでもいいこととか、思ったこととか、どんどん書きたい。

ダイアリー

2011年11月11日で、丁度はてなダイアリーを書き始めて2年になる。はてなダイアリーを書き始めた頃、Web上で人様に文章を公開するなんて到底自信がなくて、でもはてなダイアリーでは「ここはブログじゃなくてダイアリーだから、ここはただの日記だから、ここだけはチラシの裏のように何を書いても許される場所だから」という気持ちで書けて、かなり救われたかのような気がしてた。それはそれで書く敷居が下がって良かったけど、いま思えば、別に自分の中でどう意識していようが人から見ればただの記事だし、批判されることからダイアリーという名前空間に明らかに逃げ場所を求めてて、全ての人に承認されたいだけだった。

承認される感

どうでもいいことを書いても承認される感、人によっては全然気にすることのない人がいる一方で、自分の中で形成するのにかなり苦労するという人がいそう。例えば「ゆのっちとグリッチは似ているが、ぼたもちとゆのっちも似ていて、棚からゆのっちには訓戒感があって良い」みたいなどうでもいいこと、別に気軽に書いていけばいいと思うけど、躊躇する人もいる。そういう人に対する配慮がなければ、前者の人間が理解なく後者の人間を揶揄してしまうという状況は容易に起こり得そう。

自由の象徴

はてなダイアリーはてなブログになっても、何を書いても俺が許す、くらいの気持ちで書きたい。最近周りの人の遠慮がなくなってきて、r7kamuraクン頭おかしいのでは?とか言われることが徐々に増えつつあるけど、それはそれで批判されているわけではないので面白いし、本当におかしいということが確かめられて有益かもしれない。思ったこと何でも書けるの、自由の象徴っぽいし、どんどん書きたい。

広告を非表示にする